2008.11.11

北欧紀行~vol.3~

「かもめ食堂」漬けのがっつりハイキングも無事終了し。現地ガイドのユウコさんとお別れをしフィンランド南西部の港町トゥルクへバス3時間の大移動…

ユウコさんはフィンランド人の旦那さまと結婚し十数年在住されているそう。見知らぬ地で頑張ってらっしゃる方をみると、嬉しく頼もしくなってきますね。
ユウコサン曰く「皆さん帰国されたらシベリウスを聞きながら、キシリトールガムを食べ(笑)ムーミンを読んでフィンランドを思いだしてくださいね」だそうですが、もう一つフィンランドといえばやっぱサンタクロースでしょう!もういよいよ来月です。
本当にありがとうございました。

向かう港町トゥルクにはポルト・アーサーという地区があるのですが、日本読みで「旅順」です。皆さんも歴史の授業で習われたと思いますが、日露戦争で最終的にロシアに勝利した場所です。
戦争時はロシア情報を日本にこっそり流し、勝利に結びついたということですが、それがその後のフィンランド独立につながったようです。それもあってか今もフィンランドの人々はとっても親日派なのです。

予定になかったのですが、客船に乗り込む前に幸運にもトゥルク大聖堂に立ち寄ることができました。
フィンランドはルター派、つまりプロテスタント系が多いのですが、ここもフィンランド三大教会の一つ。
厳粛な雰囲気に思わず鳥肌が立ってしまいました!!!

« prev | next »