2009.12.13

メツゲライ・クスダ

先日、大阪のヤバイいとこから御祝いにこんな危険!な物をいただいた。
null

そう、この肉達は芦屋にあるハム・ソーセージの名店「メツゲライ・クスダ」によって加工された幸せ者である。

5年前にこの店を開業された楠田氏は実家が食肉加工業を営んでおり、やはり幼い頃から興味があったそう。
単身ドイツへ渡り、本場で研鑚を重ねる傍ら、時間を見つけては地元のレストランやパン屋で研修し、積極的にドイツの食文化に触れる生活を4年間過ごされた。
とにかくドイツをはじめヨーロッパ各地の伝統的なスタイルを忠実に伝えていきたいと意気込んでおられる。

一昨年、ヤバイいとこに拉致された時、気付いたらこの店につれてこられたことがありました。
この頃は最初に出来た六甲道のお店でしたが、ヨーロッパさながらの店内を見て受けた衝撃は今も鮮烈に覚えております。

あのアンドゥイエットなんかもあるようなコアなお店ですが、もちろんどなたが来ても喜ぶ懐の広いお店です。

さて、週末早速の実食です!

好きな野菜達とコトコト煮てポトフ風♪
勿論、ザワークラウトもお供させないと…


一緒に送ってくれたタスマニアのヒルファーム・マスタードを添えていただきます!
(余談ですがこのマスタードを輸入しているヴァイ&カンパニーが扱うオーストラリアワイン、パイクスシリーズはおすすめです)
う~ん!たまらんです。

次回はこってこてのシードル・ブリュットorひでじビールのスタウトを用意せねば!

メッツガー(加工職人)楠田とヤバイいとこに敬礼!!

« prev | next »