2009.10.09

待望のイルレギー入荷!

本日は新入荷ワインのご紹介:**:



~イルレギー・ルージュ2007 エリ・ミナ~

まずイルレギーとは?産地名なんです。フランス側のピレネー山脈の麓に位置する産地。いわゆるバスク地方ですね。
この辺もあのカオールやマディランと同じくシュッド・エスト(南西地方)に属します。

民族色も濃ければ食の郷土色も濃いというもの。
そういう意味ではシュッド・エスト中で最も際立ちます。

さて、このエリ・ミナ造るイルレギーとは?

そもそもエリ・ミナとは?バスク語(フランス語ではない)で郷愁という意味。
ここのオーナーは何をかくそうあのジャン=クロード・ベルエ氏。そうポムロルの王者ペトリュスのオーナーです。
ジャン=クロード・ベルエ氏はこのイルレギーで幼少期を過ごしたそう。このワインに使われ、ペトリュスにも一部使用されている「カベルネ・フラン種」はイルレギーが発祥といわれています。

ベルエ氏のノスタルジーに対する特別な想いが込められたこの一本。
故郷に錦を飾るといったところでしょうが、実は彼のなかでは故郷のこの一本が一番なのでは?

« prev | next »